京都大学 工学研究科 都市社会工学専攻

河川流域マネジメント工学講座

本文へジャンプ
研究内容


河川流域マネジメント工学講座では、人々が安心・安全に暮らせ、自然との共生を実現する持続可能な河川流域・都市システムの構築を目指し、水理学、連続体力学、河川工学をもとに下記の基礎技術に関する研究を行っています。


a.   河川流と河床・河道変動数値モデルの高度化とその応用   
b.  水域環境予測モデルの開発  
c.   地震時における石油貯留タンクのスロッシング問題  
d.   津波の遡上特性   
e.   交通流モデルの水理学的アプローチ  
f.   河川整備に関するアンケート調査